MENU

汗臭・加齢臭に効果のある入浴法

 

汗臭・加齢臭に悩んでいる方は、入浴法から見直していく必要があるでしょう。
入浴という行為の目的は、シャワーとは随分と異なるのです。
シャワーは汗を軽く洗い流すものですが、入浴は汗と皮脂を落としつつ温浴するものです。

 

風呂にじっくり浸かるとわかりますが、汗臭がほとんどなくなるでしょう。
ワキ、デリケートゾーンなどのアポクリン汗腺のある部位は臭いが少し残りますが、汗・皮脂がやわらかくなっているので、ボディソープで除去しやすいです。

 

入浴せずにシャワーをして、それからボディを洗っても意外と皮脂や雑菌は残っているものです。

 

入浴には温浴作用があるため、健康にも非常によいのです。
汗臭が気になる方は代謝低下の可能性が考えられるため、毎日ぬるめの湯にじっくりと浸かって芯まで温めていきましょう。

 

健康のためには体温を36.5度以上に保つ必要があるので、冷え性の方は入浴する習慣を身につけてください。
風呂に浸かる行為はリラックス作用も高く、副交感神経を優位にして寝つきをよくしてくれます。

 

代謝やターンオーバーの乱れが解消すれば、汗臭も軽減することでしょう。
冷え性の方は体臭が強くなりやすいので、代謝促進のためにも毎日風呂に入るようにしてください。