MENU

汗臭の原因になる細菌について

 

暑くなってくると、男女を問わず汗臭が気になる人が増えてきます。
特に脇は、汗臭くなりやすい部分なので注意が必要です。
脇の下の臭いは、細菌が原因なのです。

 

脇の下には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺、皮脂腺があります。
細菌は、汗の量に比例して繁殖するので、汗を大量にかく人は、汗臭くなる確率が高いのです。

 

脇の下は、高温多湿になりやすい部分なので、細菌が繁殖しやすい環境が整っています。
ですから、汗を吸収しやすく、速乾性のある下着や洋服を着ることも大切です。

 

人間の脇の下に繁殖するブドウ球菌は、汗に含まれる分子により、分裂し、不快な臭いを発生します。
汗で濡れた下着や服を放置すると、臭いがひどくなるのは、臭いの原因となっている物質の量が増加するためです。

 

わずかなブドウ球菌だけでも、強い臭いを発生させることができるのです。
汗臭を防ぐためには、汗をかいたらシャワーで汗を流すか、汗を拭き取るシートなどを利用して、汗や汚れを拭き取ることが大事です。

 

肌を清潔に保って乾燥させるようにすれば、悪臭の原因となる菌は繁殖できなくなります。
汗臭を防ぐハーブを配合した石鹸などで丁寧に体を洗うことも、脇の臭いの予防には効果的です。